展覧会一覧

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

現在の展覧会 
#195 阿部桐子展 さっきから見てるけど

2022年5月3日 火曜日より、
5月22日 日曜日まで

阿部桐子展DM

阿部桐子展会場全景
阿部桐子展会場全景
阿部桐子展会場全景
A阿部桐子展会場全景

今回の展示は、阿部桐子さんの世界にご案内します。動物や身の回りの物達に等しく視線を向けている阿部さんは見つめる事は見られている事と言う意識を持っています。時に自身の輪郭が解けるような感覚があるそうです。この展示で作品に対峙する時、やはり作品も鑑賞者の中に入り込んでいます。ぜひご覧いただきたいと思います。 今回の展示は、阿部桐子さんの世界にご案内します。動物や身の回りの物達に等しく視線を向けている阿部さんは見つめる事は見られている事と言う意識を持っています。時に自身の輪郭が解けるような感覚があるそうです。この展示で作品に対峙する時、やはり作品も鑑賞者の中に入り込んでいます。ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"#195 阿部桐子展 さっきから見てるけど
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
#194 AMYDEPANA展 -ひろう、ひろい、その-

2022年4月19日 火曜日より、
4月24日 日曜日まで

AMYDEPANA展DM

AMYDEPANA展会場全景
AMYDEPANA展会場全景
AMYDEPANA展会場全景
AMYDEPANA展会場全景

今回の展示は、AMYDEPANAさんの世界にご案内します。昨今の情勢を背景に表現者そして親として世界とどう対峙するかを考えたというAMYさんが出した答えは、身近な物事に真摯な目を向けることでした。子供らが大切に持ち帰る小さな拾い物。その感性を受け止める器:おみやげさし 中心の展示です。ぜひご覧いただきたいと思います。 今回の展示は、AMYDEPANAさんの世界にご案内します。昨今の情勢を背景に表現者そして親として世界とどう対峙するかを考えたというAMYさんが出した答えは、身近な物事に真摯な目を向けることでした。子供らが大切に持ち帰る小さな拾い物。その感性を受け止める器:おみやげさし 中心の展示です。ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"#194 AMYDEPANA展 -ひろう、ひろい、その-"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
#193 片岡奈緒展 vivo e muoio

2022年4月12日 火曜日より、
4月17日 日曜日まで

片岡奈緒展DM

片岡奈緒展会場全景
片岡奈緒展会場全景
片岡奈緒展会場全景
片岡奈緒展会場全景

今回の展示は、片岡奈緒さんの世界にご案内します。タイトルは死生観(万物は生きて死んでゆくのが運命だという意)を表していますが、昨今の状況において示唆深い言葉です。片岡さんは、2年あまり街ではなく海によく出向いたそうです。そんな日々の中で生まれた作品たち。潮騒の響くような展示を、ぜひご覧いただきたいと思います。 今回の展示は、片岡奈緒さんの世界にご案内します。タイトルは死生観(万物は生きて死んでゆくのが運命だという意)を表していますが、昨今の状況において示唆深い言葉です。片岡さんは、2年あまり街ではなく海によく出向いたそうです。そんな日々の中で生まれた作品たち。潮騒の響くような展示を、ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"#193 片岡奈緒展 vivo e muoio"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
#192 三橋賢一郎展

2022年3月29日 火曜日より、
4月10日 日曜日まで

三橋賢一郎展DM

三橋賢一郎展会場全景
三橋賢一郎展会場全景
三橋賢一郎展会場全景
三橋賢一郎展会場全景

今回の展示は、三橋賢一郎さんの世界にご案内します。展示にタイトルはありません。表現する事が生活である彼は、制作や発表は名もなき日常と同じだと言います。霧に滲むように見える景色(作品)は三橋さんの記憶の一部であり全部です。鑑賞者の記憶とも混じる特別な時間を経験できそうです。ぜひご覧いただきたいと思います。 今回の展示は、三橋賢一郎さんの世界にご案内します。展示にタイトルはありません。表現する事が生活である彼は、制作や発表は名もなき日常と同じだと言います。霧に滲むように見える景色(作品)は三橋さんの記憶の一部であり全部です。鑑賞者の記憶とも混じる特別な時間を経験できそうです。ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"#192 三橋賢一郎展"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
番外展示 五井佑加子企画展 漂泊と沈潜

2022年3月22日 火曜日より、
3月27日 日曜日まで

五井佑加子企画展DM

五井佑加子企画展会場全景
五井佑加子企画展会場全景
五井佑加子企画展会場全景
五井佑加子企画展会場全景

今回の展示は、「漂泊と沈潜」の世界にご案内します。企画者の五井佑加子さんは、学芸員への道を視野に入れつつ美術、歴史、哲学を勉強しています。「石拾い」をテーマに阿部桐子さん、角谷郁恵さん、小林香子さんという3人の表現者と共に観察と考察を繰り返しています。ぜひご参加いただきたいと思います。今回の展示は、「漂泊と沈潜」の世界にご案内します。企画者の五井佑加子さんは、学芸員への道を視野に入れつつ美術、歴史、哲学を勉強しています。「石拾い」をテーマに阿部桐子さん、角谷郁恵さん、小林香子さんという3人の表現者と共に観察と考察を繰り返しています。ぜひご参加いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"番外展示 五井佑加子企画展 漂泊と沈潜"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
#191 みきたまき展 目の前には必然が転がっている

2022年3月15日 火曜日より、
3月20日 日曜日まで

みきたまき展DM

みきたまき展会場全景
みきたまき展会場全景
みきたまき展会場全景
みきたまき展会場全景

今回の展示は、みきたまきさんの世界にご案内します。パフォーマンス プロジェクト DamaDamTalの一員であり、変幻自在の表現活動を続けるみきたまきさん。展示作品の制作は、行為の過程と痕跡と時間の可視化(への挑戦)という彼女は、身体表現を素としつつ、「私」の不確かさを思考しています。ぜひご覧いただきたいと思います。今回の展示は、みきたまきさんの世界にご案内します。パフォーマンス プロジェクト DamaDamTalの一員であり、変幻自在の表現活動を続けるみきたまきさん。展示作品の制作は、行為の過程と痕跡と時間の可視化(への挑戦)という彼女は、身体表現を素としつつ、「私」の不確かさを思考しています。ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"#191 みきたまき展 目の前には必然が転がっている"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
#190 鈴木富美子展 由無し事は、

2022年3月1日 火曜日より、
3月13日 日曜日まで

鈴木富美子展DM

鈴木富美子展会場全景
鈴木富美子展会場全景
鈴木富美子展会場全景
鈴木富美子展会場全景

今回の展示は、鈴木富美子さんの世界にご案内します。日々繰り返されることの中にも微妙な変化があり、そこに鈴木さんは何時もたおやかな眼差しを向けています。言葉にできない感覚や移ろう機微を感じられる静かな作品を作り続けています。存在と不在の境にある何か。心の眼と耳を澄ませて、ぜひご覧いただきたいと思います。今回の展示は、鈴木富美子さんの世界にご案内します。日々繰り返されることの中にも微妙な変化があり、そこに鈴木さんは何時もたおやかな眼差しを向けています。言葉にできない感覚や移ろう機微を感じられる静かな作品を作り続けています。存在と不在の境にある何か。心の眼と耳を澄ませて、ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"#190 鈴木富美子展 由無し事は、"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
#189 向平真由美個展 ―かけらを―

2022年2月15日 火曜日より、
2月27日 日曜日まで

向平真由美個展DM

向平真由美個展展会場全景
向平真由美個展展会場全景
向平真由美個展展会場全景
向平真由美個展展会場全景

今回の展示は、向平真由美さんの世界にご案内します。久しぶりに3に向平さんの華やかな世界が帰ってきます。暮らしが一変したこの数年の中で、日記のように描きためた作品を少し早い春の風の如く3に届けてくれます。「手紙」という存在も展示のキーワードです。メッセージを受け取ってください。ぜひご覧いただきたいと思います。今回の展示は、向平真由美さんの世界にご案内します。久しぶりに3に向平さんの華やかな世界が帰ってきます。暮らしが一変したこの数年の中で、日記のように描きためた作品を少し早い春の風の如く3に届けてくれます。「手紙」という存在も展示のキーワードです。メッセージを受け取ってください。ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"#189 向平真由美個展 ―かけらを―"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

過去の展覧会 
#188 人見将展 祖父の手紙 霧の中で

2022年1月11日 火曜日より、
1月30日 日曜日まで

人見将展DM

人見将展展会場全景
人見将展展会場全景
人見将展展会場全景
人見将展展会場全景

今回の展示は、人見 将さんの世界にご案内します。例年3の始まりは人見さんです。前回に続き彼のルーツを辿る展示第二回目。残された手紙を元に、とある事件と同時代を生きた彼の祖父君がどの様に感じ、考えたのかを綴るドキュメンタリーです。写真表現の原野を歩み続ける人見 将さんの個展、ぜひご覧いただきたいと思います。今回の展示は、人見 将さんの世界にご案内します。例年3の始まりは人見さんです。前回に続き彼のルーツを辿る展示第二回目。残された手紙を元に、とある事件と同時代を生きた彼の祖父君がどの様に感じ、考えたのかを綴るドキュメンタリーです。写真表現の原野を歩み続ける人見 将さんの個展、ぜひご覧いただきたいと思います。

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"人見 将展 祖父の手紙 霧の中で"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

2021年上半期の展覧会一覧はこちらから

2021年下半期の展覧会一覧はこちらから

Top