展覧会一覧

2020年度の展覧会一覧はこちらから

現在の展覧会 
#162 人見将展 祖父の手紙

2021年1月11日 月曜日より、
1月23日 日曜日まで

人見将展DM

人見将展会場全景
人見将展会場全景
人見将展会場全景
人見将展会場全景

祖父の手紙について

本作は、私が祖父の遺品を引き受けたことから始まります。祖父は私が幼い頃亡くなってしまい、会った記憶はありません。父や親戚と話をするときの身の上話などで知る限りでした。戦時中の疎開や、警察官だったことの苦労話、詩人であったことなどが思い返されます。
本作は本展で初公開です。詩人の部分を主に、身の上や祖父の思考を感じられる作品をピックアップしてご紹介します。

昭和から平成、令和と変わり、父もおじいさんと言える年齢になりました。新型コロナウイルスの影響もあり、家で過ごす幸せの意義を考えながら祖父の遺品を紐解いています。「祖父が詩人であった」父やその兄弟が、未だ写真作家の道にしがみついている私にこの遺品を預けて頂いたこと。段ボール一箱に詰まった巡り合わせに感謝し、今も制作を続けています。
人見将祖父の手紙について

本作は、私が祖父の遺品を引き受けたことから始まります。祖父は私が幼い頃亡くなってしまい、会った記憶はありません。父や親戚と話をするときの身の上話などで知る限りでした。戦時中の疎開や、警察官だったことの苦労話、詩人であったことなどが思い返されます。
本作は本展で初公開です。詩人の部分を主に、身の上や祖父の思考を感じられる作品をピックアップしてご紹介します。

昭和から平成、令和と変わり、父もおじいさんと言える年齢になりました。新型コロナウイルスの影響もあり、家で過ごす幸せの意義を考えながら祖父の遺品を紐解いています。「祖父が詩人であった」父やその兄弟が、未だ写真作家の道にしがみついている私にこの遺品を預けて頂いたこと。段ボール一箱に詰まった巡り合わせに感謝し、今も制作を続けています。
人見将

展示や作品についてのお問い合わせはこちらから

"人見将展 祖父の手紙"の
お取り扱い作品一覧はこちら

2020年度の展覧会一覧はこちらから

Top